泊まりがけで免許をとる

模型

合宿の魅力とは

車の免許をとる方法のひとつに「合宿免許」があります。普通は自動車学校へ通学して車の免許をとりますが、合宿免許は宿泊施設に泊まりがけで免許をとります。勉強内容自体は通学をしながら免許をとるタイプと差はありませんが、免許をとれる日数と料金には大きな違いがあります。合宿免許の場合は免許をとるために宿泊しているので、ほぼ毎日実習と学科の授業があります。なので通学タイプと比べると、1日の授業時間は圧倒的に長いため免許をとれる日数も早くなります。AT者の場合は最短で14日、MT車の場合は最短で15日で免許をとることができます。なので、できるだけ早く自動車免許をとりたい方には合宿免許がおすすめです。また、料金も通学タイプに比べると非常に安いのが特徴です。合宿免許の場合は教習費だけではなく、宿泊費・交通費・食事代のお金もかかりますが、これら全てを含めても自動車学校に通学するよりも安いんです。料金は月によって変わりますが、教習費・宿泊費・交通費・食事代込みで20万から30万円ほどです。出来るだけ安く免許をとりたい場合は1月や4月がおすすめです。逆に学校が冬休みや夏休みの期間は料金が高くなってしまいます。安い金額で免許をとりたいなら、冬休み・夏休み期間は避けるようにしましょう。また、合宿免許ができる場所は全国にあり、合宿中も丸一日休みの日がちゃんとあるので、免許をとりながら旅行をすることもできるのです。

Copyright© 2017 短期間で免許を取りたいなら|自動車学校の合宿プランを利用しよう All Rights Reserved.